バナー

スケジュール管理と上手く付き合うには

パソコンやスマートフォンの普及によってスケジュール管理もデジタル化され、手法も多種多様となっておりスケジュールを管理するための管理が必要になるなど、本末転倒な状態に陥ったことはないでしょうか。
まずは「管理方法は複数所有しない」を厳守しましょう。
例えば、紙の手帳を利用している場合はスマートフォンでスケジュール管理を行ってはいけません。

両方で確認できたほうが良い、と思いますが「片方にしか記載しなかった」場合に問題となります。
また二重に書き込む手間から徐々に書き込み頻度が減っていくのも、複数所有の特徴です。
次に、予定がわかったらすぐに書き込みましょう。

様々な分野のNAVERまとめ情報収集ができます。

紙の手帳を利用している場合はペンを挟んでおくなど、すぐに書き込めるようにしなければなりません。



後でまとめて書けばいい、という考えは捨てましょう。



人間の記憶力では全てをカバーすることが出来ない上に、できるのであればそもそも手帳が不要だからです。できるだけ早めに、後から変更になる可能性があっても書き込んでしまいます。


変更があっても、後から修正すれば良いのです。
こまめに書き込むことによって、スケジュールをよく目にするようになります。


書き込んだだけで満足して目を通さなかったら意味がありません。
毎朝確認しなければ、という意識よりも「書き込んだついでに確認」の方が気持ちが楽になるのです。

そのうち、書き込んで確認する一連の流れが日課になりますので、自然と自分のスケジュールと上手く向き合うことができるようになります。